「Power Automate Desktop」で変数を扱う

IT関連
スポンサーリンク

MS製RPAツールである「Power Automate Desktop」を触り始めましたが、「変数どうやって設定、変更するの?」というのが疑問になってきたので、設定方法を調べたり、試した内容を纏めました。

※以下は、関連記事となります。(良ければ参考にしてください)

変数の値設定について

Power Automate上の操作

変数の操作については、「変数」に集約されています。

(今回の記事で扱っているアクションには「赤枠」でくくっています)

追加したいアクションをダブルクリックすると、設定画面が出てきます。

設定値のサンプルについては、後述を参考にしてください。

なお、「設定」(変数名)ですが、マウスでクリックすると編集できます。(好きな名称に変更できます)

数値

やりたい事Power Automateの操作設定例備考
変数の追加変数 > {x} 変数の設定設定: NewVar
宛先:1
「NewVar = 1」と同じ
加算(足す)変数 > 変数を大きくする変数名:NewVar
大きくする数値:2
「NewVar += 2」と同じ
減算(割る)変数 > 変数を小さくする変数名:NewVar
小さくする数値:3
「NewVar -= 3」と同じ
乗算(掛ける)変数 > {x} 変数の設定設定: NewVar
宛先:%NewVar * 4%
「NewVar = NewVar * 4」と同じ
除算(割る)変数 > {x} 変数の設定設定: NewVar
宛先:%NewVar / 5%
「NewVar = NewVar / 5」と同じ

整数、小数は自動で切り替わります。

(値に小数を設定する、除算結果に小数が出る等)

なお、上記の変数の操作は「変数 > {x} 変数の設定」で設定出来ます

「宛先」に、「%【計算式】%」(計算式を「%」で括る)で書けばOKです。

文字列

やりたい事Power Automateの操作設定例備考
変数の追加変数 > {x} 変数の設定設定: NewVar
宛先:文字ABC
「NewVar = ‘文字ABC’」と同じ
文字の連結変数 > {x} 変数の設定変数名:NewVar
宛先:%NewVar%ABC
「NewVar = NewVar + ‘ABC’」と同じ
変数の設定
(数字を文字として)
変数 > {x} 変数の設定変数名:NewVar
宛先:%’0123’%
「NewVar = ‘0123’」と同じ

参考資料について

Microsoft公式のドキュメントが存在します。

以下を見ると仕様が記載されております。

変数 | Microsoft Docs - Power Automate
変数のアクションに関する参考情報
変数の操作と % 表記 - Power Automate
変数の操作と % 表記

コメント

タイトルとURLをコピーしました