【MIDI音源】今更ながらSC-88Proを購入しました

パソコン関連
スポンサーリンク

こんにちは、ところてんです!

(*‘ω‘ *)

つい先日なんですけど、MIDI音源であるSC-88Proを購入、清掃してみたので、その時の話を纏めてみました。

購入のきっかけ

ワタクシ、過去にMIDI音源(CM-300)を所持していたんですよね。

昔は、MIDI音源を採用しているゲーム、音楽集も多く存在し、音の良さに驚いていました。

しかし、PCとMIDI機器を接続する手段が無くなってきた(MIDI接続ボード、シリアルポートを持つPCが無くなった)事、故障等で、MIDI音源を手放していました・・・

(´・ω・`)

ただ、現在も、一部のゲームや音楽集は残しており、たまにWindows上のソフトウェア音源で聞いています。

でも、せっかくだから、イイ音でMIDI音楽を聞きたい!

(`・ω・´)

という、ワタクシの中の物欲番長が覚醒?したので、いつものお店に探しに行く事にしました。

ε=(=゚ω゚)ノ

中古を探す

昔の機器を探すならココ!、というくらいお馴染みになってきていますが、HARD-OFFで以下を購入しました。

液晶(カバー)にヒビ、全体的にホコリで汚れている、という事でジャンク扱いで販売していました。

この店舗には、動作確認用(電源あり)のブースがあり、そこで簡単な動作確認(テストモードでの検証)が出来て、とりあえず問題無しだったので、購入してきました。

買取・販売の【リサイクルショップ】ハードオフグループ|買取強化中!
オーディオ・楽器・本・ゲーム・パソコン・カメラ・家具・フィギュアなど、取扱商品多数!日本全国【ハードオフグループ】親切丁寧に買取致します。宅配買取なら売りたいものを箱に詰めてお送り頂くだけ!安心・簡単リサイクルショップ【ハードオフグループ】是非ご利用ください!

クリーニング

動作確認が取れたとはいえ、機器の内部にもホコリが詰まっていたので、内部をクリーニングしました。

・・・うん、汚い・・・

(;^ω^)

屋外に移動・・・

外蓋を外し、エアーダスターでホコリを落としました。


・・・が、それでも基板の汚れが酷かったので、基板洗浄も行う事にしました。

(;´Д`)

SC-88Proは、デジタル基板(上側)、アナログ基板(下型)があり、それぞれコネクタを外します。

オレンジ色のコネクタ端子は「SS-10」のようなコネクタ抜きを使います。

※とても固いので、コネクタ抜きを用意した方が良いと思います。


白いコネクタ端子は、マイナスドライバー等で両端を持ち上げる(ロックを解除する)と配線が外れます。

配線を外した後、基板を取り外して洗浄しました。


基板洗浄後、内部電池(CR2032)を交換しました。

※なお、今回はコンデンサ交換は実施しませんでした。(欲しいコンデンサが入手出来たら、交換したいところですね)

基板を組み上げた後、クリーニングティッシュでふき取りました。



クリーニングティッシュで適度にフキフキしたら、電源入れて、テストモードで動作確認しました。

だいぶキレイになりました♪

まとめ

今回は、ジャンク扱いのMIDI音源を入手できましたが、運が良かったのかな、と考えています。

※SC-88Proにテストモードが存在する事を理解していた事、HARD-OFF内で動作確認できたのが大きかったと感じています。

Falcom系のMIDIは色々所持しているので、PC9821にMIDIファイルをコピーして楽しもうと思います♪

PC9821でのMIDIファイル再生については、別記事にでも纏めようと考えています。

それでは!

(=゚ω゚)ノ

参考文献

今回の記事を纏める際(実際に作業した際に)、参考としたサイト様です。

この場を借りて御礼申し上げます。

Roland SC-88Proの修理:電解コンデンサ交換
RolandのMIDI音源「SC-88Pro」を分解し、電解コンデンサを交換しました。作業記録を残しておきます。修理の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました